コラム

会社を辞めたいけど言いづらい・・良い切り出し方とは!

当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!

退職代行Jobs
【有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!円満退職できる!

退職代行SARABA
【24,000円!24h対応で即日退職】
有給消化/残業代/退職金もおまかせ!

弁護士法人みやび
【弁護士が行う退職代行】
様々な交渉が可能!万が一のトラブルの際も安心!

「退職代行おすすめランキングTOP10+α【2022最新版】」はこちらから!

  1. HOME >
  2. コラム >

会社を辞めたいけど言いづらい・・良い切り出し方とは!

会社を辞めたいけど言いづらい・・と感じている人は多いでしょう。

退職の意思を上司に伝えるのは緊張・不安などから言い出しづらいものです。

ここでは会社を辞めたいけど言いづらい人のために、退職の伝え方・切り出し方などについて解説します。

 

 

会社を辞めたいけど言いづらい・・は当たり前

会社を辞めたいけど言いづらい・・なかなか切り出せないという人はアナタだけではありません。

今まで働いていた会社をやめるのですから言いづらいのは当たり前です。

では、どのようなことが原因となって言いづらくなっているのでしょうか?

整理してみましょう。

・人手が足りていなくてんてこまい

・後任が見当たらない

・仕事量が多く日々業務に追われている

・周りの人に迷惑をかけたくない

・上司や同僚と気まずくなるのが嫌

・上司に伝えるのが怖い

・上司を裏切るようで辛い

・どう切り出して良いかわからない

・次の仕事が決まっていない

・生活が変わる恐怖がある

その理由は人によって様々です。

退職すること自体が揺らいでいる人、退職は決めているが言い出しづらい環境にある人など・・

 

しかし、会社を辞めたいけど言いづらい・・と悩んでいるだけでは解決しません。

前に進むためには、退職の意思を伝えなくてはなりません。

 

 

退職の意思が固まっているなら早い方が良い

会社を辞めたいけど言いづらい・・人の中でも、既に退職の意思が固まっている人は出来るだけ早く行動したほうが良いでしょう。

遅かれ早かれ言わなくてはならないのですから、気持ちが重いのは解りますが覚悟を決めて行動を始めましょう。

 

《1ーシュミレーションを行う》

自分の業務・役職などから退職まで何日間必要なのかを逆算して退職日を設定する。

上司にスムーズに伝えられるよう退職理由、引き留められた場合の対応等を考えておく。

 

《2ー直属の上司に伝える》

まずは、直属の上司に退職の意思を伝えます。

基本的には1~2ヶ月前に申請を出せるようにしましょう。

民法の規定で2週間前までに退職の意思を伝えればOKですが、引継ぎなどに支障がないように考えましょう。

 

《3ー引継ぎの計画をたてよう》

スムーズに引継ぎを行い退職できるようにしましょう。

可能であれば、上司に退職の意思を伝える段階で、引継ぎ計画についても説明できるようにしておくと良いでしょう。

 

 

退職すること自体が揺らいでいるなら再確認する

会社を辞めたいけど言いづらい・・と言う人の中には、退職はしたいけど「次の仕事が決まってないしな」「周りの人はイイ人が多いしな」・・など退職すること自体が揺らいで言い出しづらいという人もいるでしょう。

そんな人は退職について再確認してみるのが良いでしょう。

 

《1ーなぜ辞めたいのか?本当に止めたいのか?》

自分は本当に今の会社を退職したいのか?退職したい理由は何なのか?

再確認してみて下さい。

具体的に、忙しいからなのか?給料が低いからなのか?他にやりたい仕事があるからなのか?など考えてみましょう。

ここで、考え直して退職しないというのも一つの道です。

 

《2ー家族・友人の意見を聞く》

自分だけで解決しようとせずに、家族・友人など信頼できる人に相談して意見を聞くことも一つの方法です。

客観的な目でみてアドバイスをもらえます。

ただし、同じ会社の同僚は避けた方が無難でしょう。

万が一にも上司に話が漏れてしまうと、トラブルになりかねません。

 

 

自分を鼓舞しよう

会社を辞めたいけど言いづらい・・と思っている人の多くは、早く伝えなくてはと解っています。

それでも、気持ち的になかなか言い出せない・・のです。

自分自身を鼓舞し背中を押すためのいくつかの例を紹介します。

 

《先に転職先を決めてしまう》

物理的に言い出さざる負えない状況を作ってしまうということです。

転職先が決まってしまえば、退職の意思を伝えないわけにはいきません。

 

《伝える際のシュミレーションをしておく》

上司に退職を伝える際のシュミレーションを行い様々な状況に対応できるようにして不安を取り除く。

 

《退職することでかかる迷惑については割り切る》

会社や同僚に迷惑がかかるのはしょうがないと割り切る。

最も大切なのは自分の人生であると考える。

 

《自分がいなくても問題ないと思う》

自分がいなくなったら会社が困ってしまうのでは・・と思っている人もいるでしょう。

大丈夫です!あなたがいなくても会社は回ります。

自分の代わりなど、いくらでもいると考える。

 

退職の意思の伝え方

具体的にどのような手順でどのように退職の意思を伝えればよいのでしょうか?

まずは、注意すべきポイントを2つあげます。

1.退職の意思は退職する1ヶ月くらい前には伝えましょう。

2.上司に伝える前に同僚に話してしまってはいけません。

この点に注意して、上司に時間をとってもらいましょう。

 

《伝える場所》

重要な話です。

会議室・応接室などの個室が良いでしょう。

事前に、大事な話がある旨を伝えておけば上司が配慮して場所を手配してくれるでしょう。

 

《伝え方》

どのように切り出したらいいか悩むでしょうが、ぼやかした言い方ではなく「退職させていただきたいのですが・・・」とハッキリ」と意思を伝える切り出し方が良いでしょう。

そして、退職日や引継ぎ計画など具体的なことについても話しておくとスムーズにすすみます。

 

《退職理由》

退職理由は必ず話さなくてはいけないものではありません。

「一身上の都合により」でかまわないのですが・・

たいていの場合は「聞かせてくれないか」と言われるでしょう。

その際は自分で判断して返答するのが良いでしょう。

ただし、会社に対する不満等の理由は避けた方が無難です。

 

退職代行サービス

ここまで、退職の伝え方・切り出し方について解説してきましたが、どうしても自分では言いづらいという人もいるでしょう。

そんな人には、退職代行サービスがオススメです。

退職代行サービスは、会社を辞めたいけど言いづらい・・と言う人に代わって会社に退職の意思を伝えてくれるサービスです。

会社を辞めたいけど言いづらい・・と悩んでいるなら、一度相談してみてはいかがでしょう?

 

当サイトのオススメの3社を紹介します。

この3社はどの業者も価格・実績・評判のどれをとっても申し分ないオススメ業者です。

 

退職代行jobs

 

ポイント

・365日24時間対応

・西川啓子弁護士監修×労働組合

・全額返金保証あり

 

 

 

退職代行SARABA

 

ポイント

・労働組合なので会社との交渉が可能

・365日24時間対応

・全額返金保証あり

 

 

 

退職代行ニコイチ

 

ポイント

・老舗の退職代行業者で14年で累計7135人の退職実績

・無料転職サポート

・全額返金保証あり

 

 

 

まとめ

会社を辞めたいけど言いづらい・・と思っているのはアナタだけではありません。

誰でも言いづらいものです。

退職の意思が固まっているなら、覚悟を決めて出来るだけ早く退職の意思を伝えるようにしましょう。

どうしても、言いづらい人は退職代行サービスに相談してみるのも一つの方法です。

 

多くの退職代行サービスを比較してみたいという方は、「退職代行おすすめランキングTOP10【2020最新版】」を参考にしてみて下さい。

参考退職代行おすすめランキングTOP10+α【2022最新版】

「辞めたいけど辞められない・・」そんな時に強い助っ人となってくれるのが退職代行サービスです。 ところが、いざ依頼しようと思っても、数多くの退職代行サービスがあり「どの退職代行サービス業者に依頼すれば良 ...

続きを見る

-コラム