コラム

新型コロナの対応でわかる|ココは本当に働くべき会社なのか・・

当サイトおすすめの退職代行サービスはこちら!

退職代行Jobs
【有名弁護士監修の安心サービス】
弁護士指導なので安心安全!円満退職できる!

退職代行SARABA
【24,000円!24h対応で即日退職】
有給消化/残業代/退職金もおまかせ!

弁護士法人みやび
【弁護士が行う退職代行】
様々な交渉が可能!万が一のトラブルの際も安心!

「退職代行おすすめランキングTOP10+α【2022最新版】」はこちらから!

  1. HOME >
  2. コラム >

新型コロナの対応でわかる|ココは本当に働くべき会社なのか・・

2020年新型コロナウイルスは世界中で猛威を振るっています。

社会全体が非常に大きな影響を受けています。

対応は様々ですが、こんな非常時だからこそ会社の本音が見えてきます。

このような時に社員、取引先に配慮ができている会社は良い会社と言えるでしょう。

ここでは、会社の対応や事前の準備などから見えてくる会社の本質に注目し、本当に働くべき会社なのかどうか見極め方を解説します。

 

 

新型コロナ渦での会社の対応

新型コロナ渦での会社の対応は大きく2つにわけることができます。

会社の対応

・時流により改革を行う会社

・今まで通りで何も変えない会社

 

時流により改革を行う会社

テレワーク等の導入によって働き方を根本から見直す方法。

主に都市部のオフィスワークが主体の会社で多くみられます。

なかには、事務所を廃止して全社員完全テレワークにした会社もあります。

工場、店舗などテレワークが出来ない業種では時差出勤、感染防止策の徹底といった対応が行われています。

業種によって対応は様々ですが、どちらも改革を行っている会社と言えるでしょう。

 

今まで通りで何も変えない会社

一方で今まで通り何も変わらない会社も存在します。

なかには改革のしようがない業種もあるでしょう。

一概に変わってないから悪いとは言えませんが、特に理由もなく何もせず現状維持なのは良くないです。

 

 

会社の対応の方向性

では、改革を行っていれば良い会社と言えるのでしょうか?

答えはNOです。

 

たとえば、急に働き方改革が実施されたら・・・

・突然テレワークを開始する

・突然時短勤務・時差出勤が始まる

準備をせずに行う名ばかりの改革には大きな問題があります。

 

テレワークなどを開始するには十分な調査と準備が必要です。

・テレワークに必要なパソコンやネットワークの環境が整っているのか

整っていない場合の対処方法

・利用ツールの説明

・セキュリティにかかわる措置や説明

・トラブル発生時の連絡先など

・取引先への説明

・取引先が問合せ可能な窓口の設置

 

ザッと考えてみてもこれくらいの調査や準備が必要です。

テレワークを開始するには当然のことですが、出来ていない会社が意外と多くあるのです。

準備が出来ていない状況での突然の改革で困るのは現場の社員です。

 

上記のように社員や取引先に配慮した準備が出来ている会社は良い会社であることが多いと言えます。

逆に全く準備していないで突然テレワークを開始するような会社は要注意です。

社員や取引先のことを考えているわけでなく社会的な体裁目的で改革のふりをしているだけです。

 

 

まとめ

新型コロナウイルスの影響で社会が大きく変わってきています。

新しい生活スタイル、新しい働き方・・

この苦難な時にこそ見えてくる本音があります。

 

あなたの会社は本当に今後も働き続けるべき会社ですか?

・時流に合った改革は行われているか

・社員に配慮されているか

・取引先への配慮は十分か

 

しっかりと会社を見極める良い機会です。

判断する材料のひとつとしてみてください。

-コラム